今日は何の日?

  • ● 1566年 松永久秀が三好三人衆に攻められ、堺から逃亡する
  • ● 1587年 九州を平定後、豊臣秀吉が佐々成政に肥後を与える
  • ● 1566年 松永久秀が三好三人衆に攻められ、堺から逃亡する
  • ● 1587年 九州を平定後、豊臣秀吉が佐々成政に肥後を与える

歴史シミュレーションゲーム「信長の野望」の攻略サイト

この人誰?

相良晴広

views : 6922

粟屋勝久(あわやかつひさ)とは?幽閉された主君を救出した若狭武田四老の一人【マイナー武将列伝】

粟屋勝久(あわやかつひさ)とは?幽閉された主君を救出した若狭武田四老の一人【マイナー武将列伝】

こんにちは、歴史大好きtakaです。

今回紹介するのは、若狭武田氏の家臣である粟屋勝久(あわやかつひさ)です。

一体何をしたのでしょうね?

さっそく行ってみよう。

粟屋勝久は若狭武田家臣。国吉城主。のち織田信長に属して各地を転戦する。旧主・元明が蟄居させられた際は、赦免を信長に嘆願した。本能寺の変後は豊臣秀吉に属す。

目次[非表示]

粟屋勝久の生まれ

粟屋勝久は、若狭武田氏の家臣で武田四老の一人です。
生年は不明ですが、ゲーム信長の野望では1523年と設定されています。

粟屋氏は清和源氏の末裔で、応仁の乱では副将を務めた若狭武田氏の被官でした。

しかし当時若狭武田氏は内乱状態で影響力は弱まっていました。

旧若狭守護の武田信豊と、子で現守護・武田義統が対立し、義統が勝利した後も、西部の有力家臣である逸見氏が謀反を起こして独立するなど不安定な状態でした。
義統は窮し、婚姻関係のある越前の朝倉氏に援軍を要請します。

しかし朝倉氏の軍勢を若狭に入れることに反対する粟屋勝久は義統の子・武田元明を擁立して抵抗します。
朝倉軍が永禄6年(1563年)から毎年、朝倉景紀を大将として若狭国へ侵攻し、略奪放火を繰り返すも、粟屋勝久は居城の国吉城に籠城してこれを撃退した。

軟禁された主君・武田元明を救出する

永禄11年(1568年)、朝倉氏によって武田元明の居城の後瀬山城が包囲され、元明はそのまま越前一乗谷の朝倉館に保護という名目で連行され軟禁されてしまいます。

この時粟屋勝久に降伏の書状が届くが断っている。

朝倉氏による若狭国の支配が始まるものの、独立していた栗屋・逸見・熊谷氏などはこれに従わず、織田氏の勢力が近江国の湖西地域に及ぶと織田信長に通じた。

特に織田氏が越前へ出兵した際には、粟屋勝久の居城の国吉城に迎え入れた。

元亀4年(1573年)に朝倉義景が若狭に侵攻した際に、国吉城は包囲されてしまう。

しかし織田勢が攻勢に転ずると、粟屋勝久は織田家の越前攻めで一乗谷一番乗りの武勲を挙げ、幽閉されていた武田元明を救出した。

丹羽長秀が若狭に入る

天正3年(1575年)7月、粟屋勝久は上洛し武田元明の助命嘆願が承認されます。
しかし若狭の領有権を認められなかったため、織田氏の家臣である丹羽長秀が若狭に入った。

以降は粟屋勝久逸見昌経、内藤越前守、香川右衛門大夫、熊谷直澄、山県下野守、白井光胤、松宮玄蕃、寺井源左衛門、武藤景久ら若狭武田氏旧臣は丹羽長秀に仕えた。

本能寺の変後は、羽柴秀吉に仕え馬廻衆となった。

天正13年(1585年)死去。

孫の助太夫は豊臣秀頼に仕え、大坂の陣では豊臣方として戦い、戦後は藤堂高虎に仕官している。

信長の野望での粟屋勝久

ゲーム信長の野望での粟屋勝久のパラメーターを見てみましょう。

統率 63 (647 位)
武勇 62 (708 位)
知略 67 (552 位)
内政 48 (1426 位)
外政 57 (942 位)
合計 297 (726 位)

2200人中の順位です。

朝倉氏の侵攻を何度も撃退し、越前攻めで一乗谷一番乗りの武功をあげているので、戦闘面の統率・武勇パラメーターが高く設定されています。

まとめ

いかがでしたか?

若狭武田氏の四老の一人である粟屋勝久は、武田元明を擁立し朝倉氏に対抗します。

何度も朝倉氏に抵抗し、織田家によって朝倉氏が滅ぼされると、後に入った丹羽長秀、そして豊臣秀吉に仕えました。

それでは、今後もマイナー武将列伝の記事をアップしていきますのでよろしくお願いいたします。

参照
粟屋勝久 – Wikipedia

記事に登場する武将

信長の野望 徹底攻略の管理人 taka

taka

信長の野望シリーズを「革新」の頃の2005年からプレイ。大河ドラマや歴史小説を読みまくる。明治維新・元寇も好きだが戦国時代が一番好き。
現在フリーランスとしてwebサイトの開発をやっています!よろしく!

公式Twitterはこちら

プロフィールはこちら

ランキングアイコン

[マイナー武将列伝]関連記事一覧

おすすめ記事一覧

ページトップへ

旧国名を見る

閉じる

※地図上にマウスを当ててみてね

※地図上をタップしてみてね

名称 読み方 読み方(旧) 石高
近江 おうみ ちかつあふみ 78万石
美濃 みの みの 54万石
飛騨 ひだ ひだ 4万石
信濃 しなの しなの 41万石
上野 こうづけ かみつけの 50万石
下野 しもつけ しもつけの 37万石
出羽 でわ いでは 32万石
陸奥 むつ みちのをく 167万石
若狭 わかさ わかさ 9万石
越前 えちぜん こしのみちのくち 50万石
加賀 かが かが 36万石
能登 のと のと 21万石
越中 えっちゅう こしのみちのなか 38万石
越後 えちご こしのみちのしり 39万石
佐渡 さど さど 2万石
伊賀 いが いが 10万石
伊勢 いせ いせ 57万石
志摩 しま しま 2万石
尾張 おわり おはり 57万石
三河 みかわ みかは 29万石
遠江 とおとおみ とほたあふみ 26万石
駿河 するが するが 15万石
伊豆 いず いづ 7万石
甲斐 かい かひ 23万石
相模 さがみ さかみ 19万石
武蔵 むさし むさし 67万石
安房 あわ あは 9万石
上総 かずさ かみつふさ 38万石
下総 しもうさ しもつふさ 39万石
常陸 ひたち ひたち 53万石
大和 やまと やまと 45万石
山城 やましろ やましろ 23万石
摂津 せっつ 36万石
河内 こうち かふち 24万石
和泉 いづみ いずみ 14万石
丹波 たんば たんば 26万石
丹後 たんご たにはのみちのしり 11万石
但馬 たじま たちま 11万石
因幡 いなば いなは 9万石
伯耆 ほうき ははき 10万石
出雲 いずも いづも 19万石
石見 いわみ いはみ 11万石
隠岐 おき をき 5万石
播磨 はりま はりま 36万石
美作 みまさか みまさか 19万石
備前 びぜん きびのみちのくち 22万石
備中 びっちゅう きびのみちのなか 18万石
備後 びんご きびのみちのしり 19万石
安芸 あき あき 19万石
周防 すおう すはう 17万石
長門 ながと ながと 13万石
紀伊 きい 24万石
淡路 あわじ あはぢ 6万石
阿波 あわ あは 18万石
讃岐 さぬき さぬき 13万石
伊予 いよ いよ 37万石
土佐 とさ とさ 10万石
筑前 ちくぜん ちくしのみちのくち 34万石
筑後 ちくご ちくしのみちのしり 27万石
豊前 ぶぜん とよくにのみちのくち 14万石
豊後 ぶんご とよくにのみちのしり 42万石
肥前 びぜん ひのみちのくち 31万石
肥後 びご ひのみちのしり 34万石
日向 ひゅうが ひうか 12万石
大隅 おおすみ おほすみ 18万石
薩摩 さつま さつま 28万石
壱岐 いき ゆき 2万石
対馬 つしま つしま 1万石
近江 美濃 飛騨 信濃 上野 下野 出羽(羽前 - 羽後) 陸奥(岩代 - 磐城 - 陸前 - 陸中 - 陸奥) 若狭 越前 加賀 能登 越中 越後 佐渡 伊賀 伊勢 志摩 尾張 三河 遠江 駿河 伊豆 甲斐 相模 武蔵 安房 上総 下総 常陸 大和 山城 摂津 河内 和泉 丹波 丹後 但馬 因幡 伯耆 出雲 石見 隠岐 播磨 美作 備前 備中 備後 安芸 周防 長門 紀伊 淡路 阿波 讃岐 伊予 土佐 筑前 筑後 豊前 豊後 肥前 肥後 日向 大隅 薩摩 壱岐 対馬
近江
美濃
飛騨
信濃
上野
下野
出羽
陸奥
若狭
越前
加賀
能登
越中
越後
佐渡
伊賀
伊勢
志摩
尾張
三河
遠江
駿河
伊豆
甲斐
相模
武蔵
安房
上総
下総
常陸
大和
山城
摂津
河内
和泉
丹波
丹後
但馬
因幡
伯耆
出雲
石見
隠岐
播磨
美作
備前
備中
備後
安芸
周防
長門
紀伊
淡路
阿波
讃岐
伊予
土佐
筑前
筑後
豊前
豊後
肥前
肥後
日向
大隅
薩摩
壱岐
対馬