今日は何の日?

  • ● 1549年 織田信長が斉藤道三の娘・帰蝶と結婚
  • ● 1605年 徳川秀忠が10万の大軍を率いて江戸から京に向かう
  • ● 1549年 織田信長が斉藤道三の娘・帰蝶と結婚
  • ● 1605年 徳川秀忠が10万の大軍を率いて江戸から京に向かう

歴史シミュレーションゲーム「信長の野望」の攻略サイト

この人誰?

村上義明

views : 5673

鳥居忠吉(とりいただよし)は何をした人?息子と共に三河武士の鑑と称された男【マイナー武将列伝】

鳥居忠吉(とりいただよし)は何をした人?息子と共に三河武士の鑑と称された男【マイナー武将列伝】

こんにちは、歴史大好きtakaです。

今回紹介するのは徳川家臣・鳥居忠吉(とりいただよし)です。

2023年大河ドラマ「どうする家康」のキャストが発表され、鳥居忠吉役がいましたね
何をした人か知らないので予習・復習してより大河ドラマを面白くみたいものですね!

それでは見ていきましょう!

目次[非表示]

鳥居忠吉の生まれ

三河松平氏(後の徳川氏)家臣・鳥居忠明の子として鳥居忠吉は生まれました。
生年は不明だが、元亀3年(1572年)死去し、その時に80余歳と伝えられているため、15世紀末の生まれと予想されます。

松平家再興を支える

鳥居忠吉は、三河国の戦国大名・松平清康徳川家康の祖父)に仕えていました。
松平清康が岡崎城に進出したのを機に仕えた「岡崎譜代」と呼ばれる家臣層であったようです。

天文12年(1543年)に竹千代(徳川家康)が生まれます。この時点で鳥居忠明は約50歳ということになります。

竹千代の松平宗家は松平清康の死後、分家の桜井松平家当主・松平信定に対抗できないほど弱体化していたため、駿河国の今川氏の傘下に入ってました。

天文18年(1549年)に松平清康の子・松平広忠徳川家康の父)が死去したので、その後は新たな松平広忠の嫡男である竹千代(後の徳川家康)の身柄が駿府に預けられ、岡崎城は今川氏の管理下に置かれました。

この間、岡崎の治世は今川氏から派遣された城代による統治よりも、忠吉と阿部定吉らとの実務によって成り立っていました。
収穫などの富は今川氏への分配が多く、松平党は日々の暮らしにも困窮していましたが、家康が帰参するであろう将来に備えて鳥居忠吉は倹約・蓄財に心血を注いだ事で知られています。

「信長の野望 徹底攻略」の管理人Taka

taka

鳥居忠吉の倹約の精神は、同じく家康の家臣である大久保忠世らに引き継がれていますね。

阿部定吉が死去すると鳥居忠吉吉の下に、松平家臣団は一段と結束します。

貧しさに苦しもうとも、いざ合戦となると、命を惜しまぬ戦いぶりを見せつけました。
その忠誠心は後世まで「三河武士」として名声を高めるが、当時の彼らの姿勢や意識は、家康を想う忠吉によって植えつけられたようです。

永禄3年(1560年)、桶狭間の戦いでは家康に従軍し、今川義元の戦死後、大樹寺(岡崎市)より岡崎城に入った若き主君・家康に、今まで蓄えていた財を見せ、「苦しい中、よくこれだけの蓄えを」と家康に感謝され念願の松平家の再興が叶いました。

その後は高齢を理由に岡崎城の留守を守りました。
忠吉が忠義の老臣であることは朝廷にも知られており、永禄11年(1569年)11月に開かれた後奈良天皇の十三回忌に際して朝廷に献金を行った家康に対して正親町天皇が賞された際に、山科言継がその事を特に鳥居忠吉へ書状にて知らせたことが『言継卿記』に記されています。

鳥居忠吉の最後

元亀3年(1572年)に死去。
長男・鳥居忠宗は天文16年(1547年)の渡の戦いで戦死し、次男・本翁意伯は出家していたため、三男・鳥居元忠が家督を相続しました。

墓所は、次男・本翁意伯が住職となっていた不退院(愛知県西尾市)にあるようです。

三男・鳥居元忠の活躍

徳川家臣。関ヶ原合戦の際に主君・家康の命で伏見城に籠城する。13日間の攻防戦の末、城兵とともに玉砕した。その忠節は「三河武士の鑑」と称賛された。
「三河武士の鑑」と称される、ほとばしる忠義の臣である。

関ヶ原の前哨戦である伏見城の戦いでは、石田三成側の西軍相手に玉砕しました。

「どうする家康」での鳥居忠吉

ケチケチ倹約作戦で三河を守り抜く

家康不在の岡崎城の留守を預かり、今川家の目を盗み、質素倹約で金銀食料を貯め込み、松平家再興を支えた長老。老齢のためか、時々、何を言っているのか、よくわからない。元忠の父。

イッセー尾形さんが鳥居忠吉役になります。
家康目線では鳥居忠吉は老齢なので、イメージ通り年配の方が配役されていますね。
また、史実通り質素倹約ステータスがついています。

ゲーム「信長の野望」での鳥居忠吉

ゲーム「信長の野望 大志」には、約2200人の武将が登場しますが、残念ながら鳥居忠吉は出てきません。
誕生が15世紀末とゲーム内では非常に早いためでしょう。
子の鳥居元忠や、孫の鳥居成次は登場します。

まとめ

いかがでしたか?

三河武士の体現したような忠臣・鳥居忠吉。

執筆時点では「どうする家康」は放映されていないので、どのよう鳥居忠吉が描かれるのか必見ですね。

それでは、今後もマイナー武将列伝をアップしていくのでよろしくお願いします!

記事に登場する武将

信長の野望 徹底攻略の管理人 taka

taka

信長の野望シリーズを「革新」の頃の2005年からプレイ。大河ドラマや歴史小説を読みまくる。明治維新・元寇も好きだが戦国時代が一番好き。
現在フリーランスとしてwebサイトの開発をやっています!よろしく!

公式Twitterはこちら

プロフィールはこちら

ランキングアイコン

[マイナー武将列伝]関連記事一覧

おすすめ記事一覧

ページトップへ

旧国名を見る

閉じる

※地図上にマウスを当ててみてね

※地図上をタップしてみてね

名称 読み方 読み方(旧) 石高
近江 おうみ ちかつあふみ 78万石
美濃 みの みの 54万石
飛騨 ひだ ひだ 4万石
信濃 しなの しなの 41万石
上野 こうづけ かみつけの 50万石
下野 しもつけ しもつけの 37万石
出羽 でわ いでは 32万石
陸奥 むつ みちのをく 167万石
若狭 わかさ わかさ 9万石
越前 えちぜん こしのみちのくち 50万石
加賀 かが かが 36万石
能登 のと のと 21万石
越中 えっちゅう こしのみちのなか 38万石
越後 えちご こしのみちのしり 39万石
佐渡 さど さど 2万石
伊賀 いが いが 10万石
伊勢 いせ いせ 57万石
志摩 しま しま 2万石
尾張 おわり おはり 57万石
三河 みかわ みかは 29万石
遠江 とおとおみ とほたあふみ 26万石
駿河 するが するが 15万石
伊豆 いず いづ 7万石
甲斐 かい かひ 23万石
相模 さがみ さかみ 19万石
武蔵 むさし むさし 67万石
安房 あわ あは 9万石
上総 かずさ かみつふさ 38万石
下総 しもうさ しもつふさ 39万石
常陸 ひたち ひたち 53万石
大和 やまと やまと 45万石
山城 やましろ やましろ 23万石
摂津 せっつ 36万石
河内 こうち かふち 24万石
和泉 いづみ いずみ 14万石
丹波 たんば たんば 26万石
丹後 たんご たにはのみちのしり 11万石
但馬 たじま たちま 11万石
因幡 いなば いなは 9万石
伯耆 ほうき ははき 10万石
出雲 いずも いづも 19万石
石見 いわみ いはみ 11万石
隠岐 おき をき 5万石
播磨 はりま はりま 36万石
美作 みまさか みまさか 19万石
備前 びぜん きびのみちのくち 22万石
備中 びっちゅう きびのみちのなか 18万石
備後 びんご きびのみちのしり 19万石
安芸 あき あき 19万石
周防 すおう すはう 17万石
長門 ながと ながと 13万石
紀伊 きい 24万石
淡路 あわじ あはぢ 6万石
阿波 あわ あは 18万石
讃岐 さぬき さぬき 13万石
伊予 いよ いよ 37万石
土佐 とさ とさ 10万石
筑前 ちくぜん ちくしのみちのくち 34万石
筑後 ちくご ちくしのみちのしり 27万石
豊前 ぶぜん とよくにのみちのくち 14万石
豊後 ぶんご とよくにのみちのしり 42万石
肥前 びぜん ひのみちのくち 31万石
肥後 びご ひのみちのしり 34万石
日向 ひゅうが ひうか 12万石
大隅 おおすみ おほすみ 18万石
薩摩 さつま さつま 28万石
壱岐 いき ゆき 2万石
対馬 つしま つしま 1万石
近江 美濃 飛騨 信濃 上野 下野 出羽(羽前 - 羽後) 陸奥(岩代 - 磐城 - 陸前 - 陸中 - 陸奥) 若狭 越前 加賀 能登 越中 越後 佐渡 伊賀 伊勢 志摩 尾張 三河 遠江 駿河 伊豆 甲斐 相模 武蔵 安房 上総 下総 常陸 大和 山城 摂津 河内 和泉 丹波 丹後 但馬 因幡 伯耆 出雲 石見 隠岐 播磨 美作 備前 備中 備後 安芸 周防 長門 紀伊 淡路 阿波 讃岐 伊予 土佐 筑前 筑後 豊前 豊後 肥前 肥後 日向 大隅 薩摩 壱岐 対馬
近江
美濃
飛騨
信濃
上野
下野
出羽
陸奥
若狭
越前
加賀
能登
越中
越後
佐渡
伊賀
伊勢
志摩
尾張
三河
遠江
駿河
伊豆
甲斐
相模
武蔵
安房
上総
下総
常陸
大和
山城
摂津
河内
和泉
丹波
丹後
但馬
因幡
伯耆
出雲
石見
隠岐
播磨
美作
備前
備中
備後
安芸
周防
長門
紀伊
淡路
阿波
讃岐
伊予
土佐
筑前
筑後
豊前
豊後
肥前
肥後
日向
大隅
薩摩
壱岐
対馬