今日は何の日?

  • ● 1549年 織田信長が斉藤道三の娘・帰蝶と結婚
  • ● 1605年 徳川秀忠が10万の大軍を率いて江戸から京に向かう
  • ● 1549年 織田信長が斉藤道三の娘・帰蝶と結婚
  • ● 1605年 徳川秀忠が10万の大軍を率いて江戸から京に向かう

歴史シミュレーションゲーム「信長の野望」の攻略サイト

この人誰?

茂呂久重

views : 3442

徳川家を苦しめた妖刀「村正」【戦国時代の逸話】

徳川家を苦しめた妖刀「村正」【戦国時代の逸話】

こんにちは、歴史大好きtakaです。

今回は何かと徳川家と因縁が深い妖刀「村正」について書いていきます!

それでは行ってみよう。

目次[非表示]

大阪の陣で、豊臣方の名称として名を馳せた真田幸村は、数ある日本刀のなかでも「村正」を愛用していた。
もちろん、村正が名刀だったこともあるが、それ以上に大きな理由は、村正が徳川家にとって縁起の悪い「妖刀」とされていたからである。

なぜ、村正は徳川家にとって妖刀とされたのか?
まずは、家康の祖父である松平清康は、家臣の謀反によって殺されたのだが、その時の刀が村正であった。
また、家康の嫡子松平信康は、信長から謀反の疑いをかけられ死罪となり自害しているが、その介錯に使われたのも村正であった。
さらに家康自身も、村正で負傷したことがあった。

そのため、戦国末期から徳川家にとって村正は妖刀とされ、江戸時代になると、公然と所持したり、人に贈ることが避けられるようになった。

さらに、福島正則が改易されたときに没収された村正の槍は、のちに江戸で死刑があるたび、晒し首の脇に立てかけられた。
こうして、村正には徳川家に祟る「妖刀」というイメージがますます強くなったのである。

だから、江戸時代末期倒幕を目指す志士たちの人気を集め、西郷隆盛も村正を所持していたと伝えられている。

最も、村正は室町時代中期から約100年にわたって作られたが、三代にわたる作者の住まいは、伊勢の桑名。
徳川の本拠だった三河とは、海上交通で結びついており、徳川家では広く使われていた。
そのため、徳川家の人間が斬られる確率も高かったわけで、現実主義者の家康自身は村正を嫌ったわけではない。
実際、死ぬまで村正を手元に置き、没後、尾州徳川家に分与されたものが、現在まで伝わっている。

まとめ

いかがでした?

それでは、今後も戦国時代の逸話の記事をアップしていきますのでよろしくお願いいたします。

参考
ここが一番おもしろい!戦国時代の舞台裏

記事に登場する武将

信長の野望 徹底攻略の管理人 taka

taka

信長の野望シリーズを「革新」の頃の2005年からプレイ。大河ドラマや歴史小説を読みまくる。明治維新・元寇も好きだが戦国時代が一番好き。
現在フリーランスとしてwebサイトの開発をやっています!よろしく!

公式Twitterはこちら

プロフィールはこちら

ランキングアイコン

[戦国時代の女性]関連記事一覧

おすすめ記事一覧

ページトップへ

旧国名を見る

閉じる

※地図上にマウスを当ててみてね

※地図上をタップしてみてね

名称 読み方 読み方(旧) 石高
近江 おうみ ちかつあふみ 78万石
美濃 みの みの 54万石
飛騨 ひだ ひだ 4万石
信濃 しなの しなの 41万石
上野 こうづけ かみつけの 50万石
下野 しもつけ しもつけの 37万石
出羽 でわ いでは 32万石
陸奥 むつ みちのをく 167万石
若狭 わかさ わかさ 9万石
越前 えちぜん こしのみちのくち 50万石
加賀 かが かが 36万石
能登 のと のと 21万石
越中 えっちゅう こしのみちのなか 38万石
越後 えちご こしのみちのしり 39万石
佐渡 さど さど 2万石
伊賀 いが いが 10万石
伊勢 いせ いせ 57万石
志摩 しま しま 2万石
尾張 おわり おはり 57万石
三河 みかわ みかは 29万石
遠江 とおとおみ とほたあふみ 26万石
駿河 するが するが 15万石
伊豆 いず いづ 7万石
甲斐 かい かひ 23万石
相模 さがみ さかみ 19万石
武蔵 むさし むさし 67万石
安房 あわ あは 9万石
上総 かずさ かみつふさ 38万石
下総 しもうさ しもつふさ 39万石
常陸 ひたち ひたち 53万石
大和 やまと やまと 45万石
山城 やましろ やましろ 23万石
摂津 せっつ 36万石
河内 こうち かふち 24万石
和泉 いづみ いずみ 14万石
丹波 たんば たんば 26万石
丹後 たんご たにはのみちのしり 11万石
但馬 たじま たちま 11万石
因幡 いなば いなは 9万石
伯耆 ほうき ははき 10万石
出雲 いずも いづも 19万石
石見 いわみ いはみ 11万石
隠岐 おき をき 5万石
播磨 はりま はりま 36万石
美作 みまさか みまさか 19万石
備前 びぜん きびのみちのくち 22万石
備中 びっちゅう きびのみちのなか 18万石
備後 びんご きびのみちのしり 19万石
安芸 あき あき 19万石
周防 すおう すはう 17万石
長門 ながと ながと 13万石
紀伊 きい 24万石
淡路 あわじ あはぢ 6万石
阿波 あわ あは 18万石
讃岐 さぬき さぬき 13万石
伊予 いよ いよ 37万石
土佐 とさ とさ 10万石
筑前 ちくぜん ちくしのみちのくち 34万石
筑後 ちくご ちくしのみちのしり 27万石
豊前 ぶぜん とよくにのみちのくち 14万石
豊後 ぶんご とよくにのみちのしり 42万石
肥前 びぜん ひのみちのくち 31万石
肥後 びご ひのみちのしり 34万石
日向 ひゅうが ひうか 12万石
大隅 おおすみ おほすみ 18万石
薩摩 さつま さつま 28万石
壱岐 いき ゆき 2万石
対馬 つしま つしま 1万石
近江 美濃 飛騨 信濃 上野 下野 出羽(羽前 - 羽後) 陸奥(岩代 - 磐城 - 陸前 - 陸中 - 陸奥) 若狭 越前 加賀 能登 越中 越後 佐渡 伊賀 伊勢 志摩 尾張 三河 遠江 駿河 伊豆 甲斐 相模 武蔵 安房 上総 下総 常陸 大和 山城 摂津 河内 和泉 丹波 丹後 但馬 因幡 伯耆 出雲 石見 隠岐 播磨 美作 備前 備中 備後 安芸 周防 長門 紀伊 淡路 阿波 讃岐 伊予 土佐 筑前 筑後 豊前 豊後 肥前 肥後 日向 大隅 薩摩 壱岐 対馬
近江
美濃
飛騨
信濃
上野
下野
出羽
陸奥
若狭
越前
加賀
能登
越中
越後
佐渡
伊賀
伊勢
志摩
尾張
三河
遠江
駿河
伊豆
甲斐
相模
武蔵
安房
上総
下総
常陸
大和
山城
摂津
河内
和泉
丹波
丹後
但馬
因幡
伯耆
出雲
石見
隠岐
播磨
美作
備前
備中
備後
安芸
周防
長門
紀伊
淡路
阿波
讃岐
伊予
土佐
筑前
筑後
豊前
豊後
肥前
肥後
日向
大隅
薩摩
壱岐
対馬