今日は何の日?

  • ● 1549年 織田信長が斉藤道三の娘・帰蝶と結婚
  • ● 1605年 徳川秀忠が10万の大軍を率いて江戸から京に向かう
  • ● 1549年 織田信長が斉藤道三の娘・帰蝶と結婚
  • ● 1605年 徳川秀忠が10万の大軍を率いて江戸から京に向かう

歴史シミュレーションゲーム「信長の野望」の攻略サイト

この人誰?

沼田景義

views : 6497

本多忠純(ほんだただずみ)とは?家臣を虐待し殺した最低男は復讐にあう【マイナー武将列伝】

本多忠純(ほんだただずみ)とは?家臣を虐待し殺した最低男は復讐にあう【マイナー武将列伝】

こんにちは、歴史大好きtakaです。

今回紹介するのは、徳川氏の家臣である本多忠純(ほんだただずみ)です。

一体何をしたのでしょうね?

さっそく行ってみよう。

本多忠純は徳川家臣。正信の三男。大坂の陣で活躍するも、毛利勝永と戦い敗走している。粗暴で家臣を虐待し、ささいなことで殺したため、ついには家臣に暗殺された。

目次[非表示]

本下野榎本藩の初代藩主となる

本多忠純は徳川氏の家臣である本多正信の三男として天正14年(1586年)に生まれます。

父・本多正信家康の参謀として天下取りに大きな貢献をした人物です。

本多正信正信の長男である正純は知略派だったのですが、次男の政重忠純は武闘派の人物でした。

正室は片桐且元の弟である片桐貞隆の娘である。

兄・且元より激しい気性?弟・片桐貞隆(かたぎりさだたか)とは?【マイナー武将列伝】

幼少から父や兄と共に徳川家康に仕え、慶長10年(1605年)には兄・正純の小山藩と隣接している下野榎本に1万石を与えられて大名となり、下野榎本藩の初代藩主となった。

下野には北条氏の家臣となっていた小山氏の旧臣らがおり、彼らを積極的に召し抱えたり、城下町を建設したりと藩政の基盤を固めています。

大坂の陣で活躍する

慶長19年(1614年)からの大坂の陣に従軍し、天王寺・岡山での最終決戦で首級217を挙げるという大活躍を見せるが、毛利勝永隊と激突した際に大損害を与えられて敗走している。

戦後、この時の功によりさらに下野皆川1万8000石を加増され、皆川に移った。

性格に難があったため家臣に暗殺される

本多忠純は勇猛な武将だった反面、性格は短気な上に粗暴で、少しでも失敗した家臣は殺害するという問題人物であった。

寛永8年(1631年)12月13日江戸から領地へ帰る際、ちょっとした失敗をしてしまい殺されるのを恐れた家臣の大助に忠純は暗殺されてしまいました。

T-fileの管理人Takataka

この話を聞くと忠純の自業自得です。

享年46。
栃木県下都賀郡大平町の大中寺に葬られた。

長男の忠次は寛永3年(1626年)に17歳で早世していたため、跡を甥で養嗣子の政遂が継いだ。

信長の野望での本多忠純

ゲーム信長の野望での本多忠純のパラメーターを見てみましょう。

統率 29 (2107 位)
武勇 68 (436 位)
知略 29 (2174 位)
内政 34 (1991 位)
外政 26 (2153 位)
合計 186 (2110 位)

2200人中の順位です。

武辺の人物であったので武勇パラメーターがもちろん高めに設定されていますが、性格に難があったので、統率など他のパラメーターが著しく低くなっていますね。

まとめ

いかがでしたか?

本多正信の三男である本多忠純は、戦働きで功をあげ下野榎本藩初代藩主となります。
しかし粗暴であったため家臣を殺害しまくっていたら、失敗を恐れた家臣に暗殺されてしまいました。

しかし智将・本多正信の息子がこんな性格になるのかね。

それでは、今後もマイナー武将列伝の記事をアップしていきますのでよろしくお願いいたします。

参照
本多忠純 – Wikipedia
本多忠純の紹介

記事に登場する武将

信長の野望 徹底攻略の管理人 taka

taka

信長の野望シリーズを「革新」の頃の2005年からプレイ。大河ドラマや歴史小説を読みまくる。明治維新・元寇も好きだが戦国時代が一番好き。
現在フリーランスとしてwebサイトの開発をやっています!よろしく!

公式Twitterはこちら

プロフィールはこちら

ランキングアイコン

[マイナー武将列伝]関連記事一覧

おすすめ記事一覧

ページトップへ

旧国名を見る

閉じる

※地図上にマウスを当ててみてね

※地図上をタップしてみてね

名称 読み方 読み方(旧) 石高
近江 おうみ ちかつあふみ 78万石
美濃 みの みの 54万石
飛騨 ひだ ひだ 4万石
信濃 しなの しなの 41万石
上野 こうづけ かみつけの 50万石
下野 しもつけ しもつけの 37万石
出羽 でわ いでは 32万石
陸奥 むつ みちのをく 167万石
若狭 わかさ わかさ 9万石
越前 えちぜん こしのみちのくち 50万石
加賀 かが かが 36万石
能登 のと のと 21万石
越中 えっちゅう こしのみちのなか 38万石
越後 えちご こしのみちのしり 39万石
佐渡 さど さど 2万石
伊賀 いが いが 10万石
伊勢 いせ いせ 57万石
志摩 しま しま 2万石
尾張 おわり おはり 57万石
三河 みかわ みかは 29万石
遠江 とおとおみ とほたあふみ 26万石
駿河 するが するが 15万石
伊豆 いず いづ 7万石
甲斐 かい かひ 23万石
相模 さがみ さかみ 19万石
武蔵 むさし むさし 67万石
安房 あわ あは 9万石
上総 かずさ かみつふさ 38万石
下総 しもうさ しもつふさ 39万石
常陸 ひたち ひたち 53万石
大和 やまと やまと 45万石
山城 やましろ やましろ 23万石
摂津 せっつ 36万石
河内 こうち かふち 24万石
和泉 いづみ いずみ 14万石
丹波 たんば たんば 26万石
丹後 たんご たにはのみちのしり 11万石
但馬 たじま たちま 11万石
因幡 いなば いなは 9万石
伯耆 ほうき ははき 10万石
出雲 いずも いづも 19万石
石見 いわみ いはみ 11万石
隠岐 おき をき 5万石
播磨 はりま はりま 36万石
美作 みまさか みまさか 19万石
備前 びぜん きびのみちのくち 22万石
備中 びっちゅう きびのみちのなか 18万石
備後 びんご きびのみちのしり 19万石
安芸 あき あき 19万石
周防 すおう すはう 17万石
長門 ながと ながと 13万石
紀伊 きい 24万石
淡路 あわじ あはぢ 6万石
阿波 あわ あは 18万石
讃岐 さぬき さぬき 13万石
伊予 いよ いよ 37万石
土佐 とさ とさ 10万石
筑前 ちくぜん ちくしのみちのくち 34万石
筑後 ちくご ちくしのみちのしり 27万石
豊前 ぶぜん とよくにのみちのくち 14万石
豊後 ぶんご とよくにのみちのしり 42万石
肥前 びぜん ひのみちのくち 31万石
肥後 びご ひのみちのしり 34万石
日向 ひゅうが ひうか 12万石
大隅 おおすみ おほすみ 18万石
薩摩 さつま さつま 28万石
壱岐 いき ゆき 2万石
対馬 つしま つしま 1万石
近江 美濃 飛騨 信濃 上野 下野 出羽(羽前 - 羽後) 陸奥(岩代 - 磐城 - 陸前 - 陸中 - 陸奥) 若狭 越前 加賀 能登 越中 越後 佐渡 伊賀 伊勢 志摩 尾張 三河 遠江 駿河 伊豆 甲斐 相模 武蔵 安房 上総 下総 常陸 大和 山城 摂津 河内 和泉 丹波 丹後 但馬 因幡 伯耆 出雲 石見 隠岐 播磨 美作 備前 備中 備後 安芸 周防 長門 紀伊 淡路 阿波 讃岐 伊予 土佐 筑前 筑後 豊前 豊後 肥前 肥後 日向 大隅 薩摩 壱岐 対馬
近江
美濃
飛騨
信濃
上野
下野
出羽
陸奥
若狭
越前
加賀
能登
越中
越後
佐渡
伊賀
伊勢
志摩
尾張
三河
遠江
駿河
伊豆
甲斐
相模
武蔵
安房
上総
下総
常陸
大和
山城
摂津
河内
和泉
丹波
丹後
但馬
因幡
伯耆
出雲
石見
隠岐
播磨
美作
備前
備中
備後
安芸
周防
長門
紀伊
淡路
阿波
讃岐
伊予
土佐
筑前
筑後
豊前
豊後
肥前
肥後
日向
大隅
薩摩
壱岐
対馬